トップページ アルファ弥生のご案内 サイトマップ お問い合わせ リンク
大阪市中央区にあるアルファ弥生は、弥生認定セミナー会場・弥生塾認定会社です。弥生会計・弥生給与・弥生販売のソフト、弥生純正サプライ用品を割引価格で販売。弥生製品の導入サポート、弥生セミナーや弥生認定インストラクター試験対策講座、マンツーマン講座など、弥生製品のあらゆるご相談を受け賜ります。


弥生セミナー情報 インストラクター
対策講座
弥生訪問サポート
経理代行
マンツーマン講座 弥生製品情報 弥生純正
サプライ用品
日商ネット検定
弥生検定
経理・総務
実務講座

トップページ>日商ネット検定 /弥生検定



  
日商ネット検定はこちら 弥生検定はこちら




日商ネット検定試験

日商ネット検定試験とは
日商ネット検定試験は、インターネットを介して試験の施行から採点、合否通知までを行う新しい形式の検定試験です。
ネット試験で施行している検定試験は、以下のとおりです。

簿記初級  電子会計実務検定  ビジネス英語検定  日商PC検定

アルファ弥生で受験され合格された方へ 

合格証は後日アルファ弥生まで取りに来ていただく必要がございます。(約1か月)

 (返信用のレターパック等をお客様にてご用意いただける場合は、合格証が届き次第ご郵送いたします)

日曜日・祝日・夜間はビルの入口が閉まっておりますので、ビル入り口にてお電話をいただくことになります。
ご了承くださいますようお願い致します。
実施可能な日程   平成29年 9月  お問合せ頂きました時点で満席の場合もございます。ご了承ください。
9/11 9/15
17時 15時
9/18
16時半
簿記(初級)
【概要】
簿記初級
 程度・能力:簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用することができる。
 試験時間:40分
 得点:100点(70点以上が合格)
【試験方法・合否判定】
試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施します。
試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定を行い、結果をご通知します。
電子会計実務検定(3級・2級)
【出題内容・出題範囲】
電子会計実務試験3級

電子会計データの流れ
 各種原始証憑の見方・取り扱い、会計データの入力、各種電子帳簿書類の出力、電子会計データの
 バックアップとバックアップデータのリストア(復元)等

電子会計情報の活用
 各種電子帳簿書類の見方等


電子会計実務試験2級

関連業務等からの業務データ等の活用
 購買、製造、販売、在庫管理、給与計算等の関連業務から生成される各種業務データの活用、
 支店別・営業所別会計等からの会計データの活用

電子会計情報の活用
 決算書・資金繰り表等による損益の状況や資金の状況のとらえ方

電子会計データの保管・ 管理
 電子会計データの保管・管理方法 等
【試験対象・問題数・出題形式・得点】
電子会計実務試験3級
 対象:企業の経理担当者、NPO、公益法人などで会計実務に携わる者、および一般社会人、学生・生徒
 試験時間:40分
 得点:100点(70点以上が合格)
 
電子会計実務試験2級
 対象:企業や公益法人などの会計実務及び財務責任者
 試験時間:60分
 得点: 100点(70点以上が合格)
 
【会計ソフト】
本検定試験は、実際の会計実務と同様、会計ソフトを起動して施行いたします。
尚、アルファ弥生で使用できる会計ソフトは「弥生会計プロフェッショナル」のみです。
【試験方法・合否判定】
試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施します。
試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定を行い、結果をご通知します。
【試験日】
随時開催いたしますので、アルファ弥生までお問い合わせ下さい。
日本商工会議所ネット検定 申込用紙は こちら
ビジネス英語検定
【レベル】
3級:就業前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力を有する。

2級:就業前あるいは就業後1年~2年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力を有する。
【出題内容】
3級:入門知識や常識などを含めた英語でのビジネス文書や海外取引の基礎など、最低限覚えておいた方がよい内容を出題する。
   ビジネスの具体的な場面を設定し、それに沿った問題も出題する。

2級:海外企業や外資系企業との取引で実際に使用されている英文電子メール、英文レター、企画書や報告書の作成、国際マーケティングなどに関する問題を
   出題する。
【出題形式】
3級:客観式(選択式)の問題を中心に、英単語を記述する形式の問題などを出題
    試験時間:30分
    得点:100点(70点以上が合格)
    

2級:客観式(選択式)の問題を中心に、英単語を記述する形式の問題などを出題
    試験時間:40分
    得点:100点(70点以上が合格)
    
【試験方法・合否判定】
試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施します。
試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定を行い、結果をご通知します。
【試験日】
随時開催いたしますので、アルファ弥生までお問い合わせ下さい。
日本商工会議所ネット検定 申込用紙は こちら
ビジネスキーボード
【レベル】
ビジネスキーボード認定試験は、キータッチ2000テストの中・上級のレベルにあたり、ビジネス実務で要求される「タッチタイピングの速さと正確さ」を重 視した試験です。
試験科目は、「日本語」「英語」「数値」の3科目あり、科目ごとに入力文字数に応じて、SからA、B、C、Dまでの5段階で技能認定します。
【出題内容】
出題内容は、ビジネス実務で使用されている単語や文章等を中心としているために、実務に即したキーボード操作能力を身につけられます。また、ビジネス実務 では、誤字脱字などのために、せっかくの企画書が台無しになってしまうことがありますが、この試験では、速さだけではなく、正確なタッチタイピングの能力 を習得することができます。
【試験方法・合否判定】
ディスプレイに出題された問題に対し、制限時間内に問題と同じ文字や文章を入力していきます。
試験が終了すると自動的に採点が行われ、その場で結果が表示されます。
採点は行単位に行われ、行内の文字数を加算していきますが、行内で一文字(スペースも含む)でも誤りがあった場合は、その行の入力文字数は0としてカウントされます。

各科目ごとの入力文字数により技能認定を行うとともに、入力文字数に基づき、以下の表の通り S, A, B, C, D の5段階で評価します。(後日技能認定証明書が交付されます)
【お申し込み】
日本商工会議所ネット検定 申込用紙は こちら

ページの先頭へ戻る


アルファ弥生
〒541-0041大阪市中央区北浜1丁目9番10号 北浜宗田ビル5階505号
TEL:06-6777-3175 FAX:06-6777-3176
プライバシーポリシー 免責事項
弥生会計、弥生給与、弥生販売製品情報 弥生ネットワーク 弥生純正サプライ用品 弥生認定インストラクター対策講座 マンツーマン講座
弥生会計・弥生給与・弥生販売セミナー情報 弥生訪問サポート FAQ(無料掲示板) アクセスマップ お客様の声 トップページへ戻る
Copyright (C) 2007-2017 Alpha Yayoi. All Rights Reserved.